Kinokon Blog


キノコとゲームの日々
by thorondor
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リアルでクゴ温泉

9月にoack面子とキョンプ行ったよ!って話をしたら、某サワさんが
「僕も旅行行きたーい、ヤダヤダ、連れてってくれなきゃヤダー」
と駄々をこねたので、よし、じゃあ温泉でも行くかー、っということになってLS面と温泉旅行となりました。

メンバーはいつもの暇人どもに新人さんが一人
某サワさん
↑のリアフレ墨
↑のリアフレ白
エロ侍
↑のキャバ友
↑のキャバ友2
オヨ猫
ドラ猫
氷のおさーn
それに僕の総勢10人という結構な大所帯です。
みんな暇なんd、いやいや集まってくれてありがとうです!





場所は鬼怒川温泉。
紅葉にはちと早いかなと思ったけれど、いまいちよくわからなかったのでてきとーにサワさんと決めました。
打ち合わせと称して行った焼肉ウマーでした。高かったけど。

1日目
ちょっと生息地がバラバラのため、近い人で車を乗り合わせて現地集合することに。
結果的に3台になってしまい、それぞれ1時間ずつ到着時間に差が出来てしまう。

氷のおさーnが自分で起こした吹雪のせいで遅刻したため、その間鬼怒川温泉駅の方を散策することに。
噂の足湯発見!
早速足を付けてみる。
最初はちょっと熱かったけれど、慣れると凄く気持ちいい。
c0014922_17231474.jpg

タオルが無くて自然乾燥+靴下になったけど気にしない。

駅前の土産物屋で温泉饅頭、ソフトクリームを頂き、ホテルでコーヒータイムを来て氷のおさーnと合流。

最初は龍王峡で昼御飯。
雑誌で目星を付けておいた蕎麦屋で昼食を取ろうとするが、満員で座れずその辺をブラブラと待つことに。
まあ10人とかでいきなり行っても店も困りますよね。
揚げ湯葉、生湯葉、巻き湯葉が入った湯葉蕎麦(冷・温)は美味でございました。

そして龍王峡ハイキングコースに。
ゆったりと歩きつつ景色でも楽しんで・・・という目論見だったのですが、意外に道がきつい!
まあ普段運動あんまりしてない人が多いので厳しさ5割り増しといったところです。
底なし沼が本当に底なしか確かめる人が出なかったのが残念でしたが・・・

あんまり周りの景色を見る余裕もありませんでしたが、橋や河原からの景色は素晴らしかったです。
c0014922_17232954.jpg

紅葉にはまだ早かったのは残念ですが、紅葉の季節はちょっと混みそうな予感。
デジカメ忘れて携帯カメラなのが(´・ω・`)

その後食料品を買い込み、ホテルに戻る。
夕食はバイキング。
ホントは部屋食が個人的には良かったんですが、値段が跳ね上がるので断念。
まあバイキングだとあんなもんですよね。
肉はその場で焼いたり、天麩羅揚げたりしてはくれるものの・・・
その割には沢山食べてたとか言うのは無しでs

そしてお目当ての温泉!
大理石大浴場、岩風呂大浴場、露天風呂の3つがありました。
予想外にきつかったハイキングもあって極楽極楽。
さらに露天風呂を10人近くで独占!
その様子を激写・・・はさすがに出来ませんが。

風呂上りのビールは最高だぜー、ということでその後は宴会に突入。
雑談しつつ、飲んで食べて歌って踊っての大騒ぎ。


2日目
朝風呂行きたかったけれど、つい布団の魔力に負けて寝過ごす。

朝食もバイキング。
シラス美味しいよシラス。
一人朝食に出てこない人がいて、どうやら風邪を引いてしまった模様。

チェックアウトしてまずは鬼怒川ロープウェイ。
ここの見所はは猿の檻。
餌を孫の手みたいな道具で上げられるんだけど、その奪い方がアグレッシブ。
c0014922_17275821.jpg

うっかり二匹が勝ちあうと喧嘩して屋根を走り回ります。
小猿や赤ちゃんを抱いた母猿とかが何匹かいてとってもプリチーでした。
鹿もいて餌をあげられるんだけれど、たいてい猿に奪われてる感じ・・・

ランチはちょっと南下したところにあるイタリア創作料理店・香音。
野菜を使った料理には生産者の名前がついてるのが印象的でした。
僕が頼んだのはランプステーキ。
旅先でイタリアンてのもアレですが、まあ美味しかったのでおっけー。
ちょっとお値段高めでしたが。

そして鬼怒川といえばやっぱりライン下り。
お値段は2500円とそこそこしますが、やっぱやらないとねー。
お客さんは結構いたので紅葉の季節とかだと予約しないと結構厳しいかも。
結局風邪っぴきさんは乗れなかったのが残念です。
c0014922_17264060.jpg

こんな舟に乗って川を下ります。

どうも2名ほどラフティングと勘違いしてた人がいたようですが、ライン下りでは川に投げ出されたりはしません。
ちょっと流れの激しいところはあって、そういうところではビニールを上げて飛沫を防ぎます。

川からの眺めは素晴らしいです。
c0014922_1730938.jpg

紅葉の季節だったらもっと素晴らしかったんだろうなあと思いますが、それでも十分綺麗でした。

なおかつ船頭さんのトークが絶妙。
正直船頭さんの話がなかったらすぐ飽きてしまったかもw
ついでに終盤にはお客さんのカメラで写真を撮ってくれるサービスつきです。

ライン下りで終点についたら時間も頃合なので土産物屋に寄って帰路へ。
1件目は温泉饅頭の店・青柳。
雑誌の栗入り温泉饅頭に魅かれて寄ってみました。
店主のオヤジさんが凄く良い人で、みたらし団子や饅頭をサービスしてくれました。
土産に買った栗入り温泉饅頭は職場の人に大好評でした。

2件目は銘水の郷・日光おかき工房。
今回いけなかった人が薦めてくれたんですが、おかきは全部試食できて、ドリンクもサービスがあるという素敵な店でした。
種類がありすぎでどれを買っていいものやら悩むくらいです。
とりあえず何種類か買って帰ることに。

ここで帰る方向が違うため、記念撮影してお別れ。
みんなお疲れ様でした。
楽しい二日間をありがとう。

次回は忘年or新年会ですぞ!
[PR]
by thorondor | 2006-10-24 17:30 | 遊び
<< 当然の結果 ディーガ! ヽ(・∀・)ノ ⌒● >>


お気に入りブログ
その他リンク
トンガリメモ
おーくblog


Profile


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード


メールはこちら
thorondor☆excite.co.jp


当ウェブサイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copylight
(C)2004 SQUARE ENIX CO.,LTD
All Rights Reserved.
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
鬼怒川 温泉ファンクラブ
from 鬼怒川 温泉厳選サイト一覧
キョンプ2006
from トンガリメモ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧